がん保険
がん保険は大手(アリコ、チューリッヒ、アフラック、アメリカンファミリー)中心に終身タイプ、女性専用等様々な種類があります。がん保険を比較しランキングを中心におすすめながん保険の選び方の情報提供中です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がん保険の加入を検討している方でがん保険についてほとんどわからないという方もいるのではないでしょうか。
そこでみなさんが疑問に思っていることをまとめてみたいと思います。
今回は「がん保険にはいつ加入すればよいか」ということについてです。

生命保険のなかの一種であるがん保険というものは、保険会社側としては今まで大きな病気をしたことがない健康な人にたくさん入ってもらいたいという思いがあります。
ですので一般的には今現在病気の療養中の方や、病気やケガになる可能性が高いという方は加入できないようになっています。
ですが一部の保険会社では、がんにかかったことがある場合でも加入できるという商品もありますので、各保険会社の商品のプランや加入条件などをよく確認しておくことが大切です。

ここで一般的に申し込み・契約ができない場合の例をあげてみますので参考にしてください。
・病気やけがで今現在治療をしている場合、もしくは検査や治療をすすめられている場合
・病気やけがの経過診察のために医師の診察を定期的に受けている場合
・健康診断を定期的に受診されていない場合
・過去の病気やけがの内容が加入基準の範囲を超えている場合
・危険な職業につき働いている、または危険な趣味を持っていたり危険なスポーツをしている場合

ここで挙げたのはほんの一例です。
過去にがんになっていても加入できるプランもありますが、基本的には健康な時期に入っておくことが一番だと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。