がん保険
がん保険は大手(アリコ、チューリッヒ、アフラック、アメリカンファミリー)中心に終身タイプ、女性専用等様々な種類があります。がん保険を比較しランキングを中心におすすめながん保険の選び方の情報提供中です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年春に出たがん保険ランキングで見事第一位だったのが「Aflacアフラック・21世紀がん保険(メディカルチェック+)」でした。
アフラックの21世紀がん保険(メディカルチェック+)は、年々進歩していくがん治療にしっかりと対応して、特に通院保障を手厚くしたプランです。
今回はこのアフラック21世紀がん保険をご紹介したいと思います。

もしがんになってしまった場合、平均の自己負担額はおよそ92万円にもなると言われています。
しかしアフラックの21世紀がん保険だと、初めてがん(悪性新生物)と診断された時に一時金100万円が、初期のがん(上皮内新生物)と診断された場合10万円を受け取ることができます。
十分の保障額だと言えますよね。

がんや初期のがん(上皮内新生物)の治療をするために入院した場合、一日目から無制限に保障されます。
入院費や通院費、または往診代もすべて含めて日額にして1万円もの保障が受けられます。
そして日々進歩していく先進医療やがんのための最新の治療を幅広く保障してくれます。
通院給付金、そして特定治療通院給付金の日額を、入院給付金と同じ額保障してくれるという、とてもうれしい終身保険なのです。
もちろんがん保険のみでも契約できます。

そしてさらに、がん以外で病気やけがをした場合でも入院保障が受けられるのです。
一回の入院につき、最高124日まで、通算で1004日間もの保障が受けられます。
そして手術の保障も受けられるので安心ですね。

一番支持されている保険ですので、是非一度検討してみてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。